「プログラミング」の始め方

プログラミング

「プログラミング」の始め方

プログラミングってどうやって始めるの?

「プログラミングってどうやって始めるの?」という方向けに記事を書きました。

初心者の方にとっては、少しプログラミングが気になっていても、就活の武器にしたくとも、いきなり専門学校に通ったり、IT留学したり、高い参考書を買うのは躊躇してしまうもの。

「好きになれるかわかんないし、まずは少しだけ触ってみたいかも」というのが本音かもしれません。

であれば、今日試せます。自分のパソコンで。

プログラミングえを自分のパソコンで

プログラミングって何から覚えてく?

今日ご紹介するプログラミングの練習サイトでは、下記の修得フローが大筋の流れなっています。覚えていく言語は主に「Web制作」を軸にする内容。

これらは大きく2つの属性《フロントエンド》《バックエンド》に分かれています。

この段階ではイメージは到底しにくいので止まらず進み、せめて下記にご紹介する用語だけを見ておき、さらに後述の「練習サイト」で手を動かしながらつかんでいきましょう。

フロントエンド

「フロント」とは文字通り「前」。目の前のWebページ内で処理されるコード。
 

HTML

(エイチ ティー エムエル)
マークアップ言語。Web/アプリを「構成する」言語。
 

CSS

(シー エス エス)
スタイルシート言語。Web/アプリの「見栄えを調整する」言語。
 

JavaScript

(ジャバ スクリプト)
プログラミング言語。Web/アプリに「動きを付ける」言語。
 

バックエンド

バックとは文字通り「後ろ」。Webを支えるサーバー上で処理されるコード。

Pearl/Python/PHP/Ruby

⇒ プログラミング言語。左から順に「パール/パイソン/ピーエイチピー/ルビー」。HTMLやCSSだけではできない様々な「動き・しかけ」や「記述の効率化」が可能。


 
では、具体的な「練習サイト」を紹介していきます。

Startup Stock Photos

【ステップ1:まずは超入門】

「2サイト」紹介するので、ちょっと試してから自分に合う方を選択するとグッド。いずれも冒頭に紹介した「HTMLとCSS」からスタートしています。

その後はレクチャー順に進んで、ちょこっと「JavaScript」なども体感してみましょう。まずは「へ〜こんな世界なんだ」というのがサクッと見えてきます。

《超入門サイト》

●プロゲート http://prog-8.com/

 
●コードプレップ https://codeprep.jp/

HTML、CSSは厳密にはプログラミング言語ではないのですが、まずはここをなんとな〜く理解できただけでも大きな一歩。ここが全ての基本になるからです。今日はここまで、あ〜疲れた〜、というのでもまずはOKです。

【ステップ2:環境をつくろう】

次は日本最大の「動画レクチャーサイト」を試してみましょう。

ステップ1では「プログラミングできる画面」が用意されていましたが、あくまでそれは練習用。今度は自分のパソコンの中に、作業できる「環境を作る」ステージへと進んでいきます。「HTML入門」の「#2 必要なツールを用意しよう」にレクチャーが入っているので、講義に沿って用意しましょう。プログラマーが自分のパソコンに「環境を持つ」という意味と概念がつかめてくると思います。

《基礎・応用練習サイト》

●ドットインストール http://dotinstall.com/

【ステップ3:レベルを上げて】

環境ができたら、正真正銘「自分のパソコンでプログラミング」という段階です。

引き続きドットインストールのサイトで「HTML」「CSS」「JavaScript」「PHP」、さらに「Perl」「Python」「Ruby」といった汎用性が高くパワフルな言語のレクチャーを受けてみましょう。動画のレクチャーだけに、たまに早口に感じたり、一発で理解できないこともある心構えは持っておきたいところ。

JavaScript-Logo

【ステップ4:ゲームを作ろう】

疲れきってしまう前に、ちょっと矛先を変えて「ゲームを作ってみる」ことで息抜きしながら勉強すると、ちがう角度から知識を深めることができます。ドットインストールの中のレッスンに「ゲームプログラミングに挑戦してみよう」の講座があるので、時間がある人はトライしてみるのもオススメ。

ゲームプログラミングに挑戦

《すこし上級編》

ドットインストールには掲載されていないが「テトリスを作ってみる」というのも、ゴールが明確で大変勉強になる。興味のある人は挑戦してみるといいでしょう。

コメント