【体験談】客先常駐派遣に新卒入社して失敗した話 Part1

転職

こんにちは。

現在は、大手電機メーカーでソフトウェアエンジニアの仕事をしています。

しかし、前職は常駐型派遣社員で、6年間従事していました。

私の体験談です。4つに分けました。

・何も知らないまま新卒入社
・格差を感じる2年間
・飛躍する3年間
・転職を考えた1年間

このあたりを、ちょっとブログに書いてみたいと思います。

何も知らないまま新卒入社

私は大学中退し、地元に帰ってきました。

ちょうど3月ということもあり、滑り込み求人が多かったように思います。

大学中退=高卒 と言われる方も多いですが、(特に否定もしません)

私は国立大でだったためか、面接時はアドバンテージがあるのを実感しました。

他にも5社ほど面接を受けたのですが、

A社の社長と面接した際に、ここの会社に入りたい!と思い、入社を決意しました。(以後、A社とする)

派遣というシステム

入社当時は、派遣という意味が全く分かっていませんでした。

「大手企業と取引がある」と話していたので、若造の私は

「へぇ~、大手と取引があるなんてすごいなぁ」

「PCを持ってスーツ着て、商談にいって、帰ってきて、プログラムを作成する」

そんなイメージでした。

 研修が一通り終わり、(といっても3週間ほど)

会わせたい人がいるというので、スーツを着て、某大手会社に行きました。(出張だと思っていた)

経験者なら分かると思いますが、いきなり面接が始まりました。

いろいろと聞かれていましたが、まだ商談してる気分です。

まだ私は分かっていなかったのです。

商談している対象物は、「商品」「サービス」「ソフトウェア」ではなく、

「私(人間)」なんだと。

格差を感じる2年間

その後、めでたく?派遣されることになりました。

営業担当の方からは、「がんばって」と言われますが、なんのことかまだ分かっていません。

徐々に、「ああ、ここ(派遣先)で働くんだな」と実感したのは、1ヶ月ぐらい経ってからでした。

派遣先社員との関係

派遣先社員との関係は良好でした。

悪い人はいませんでしたし、聞けば教えてくれました。

なんせ、新卒です。何も知らないのです。

しかし、違和感を徐々に覚えてきます。

・派遣先社員しか知らない情報がある
・全体写真で、映らないように指示される
・PCの持ち出し禁止
・出張時に連れていってもらえない

いろいろありましたが、なによりも一番つらいのは視線です。

私を見る目が違うように感じました。

(派遣さんだからしょうがないよね。)

そんなふうに言われてる気がしました。

2年間は仕事を覚えることに必死でしたが、その一方、

この仕事は派遣仕事なんだな、と思うようになりました。

続きはこちらから。

コメント